The Obstetrical Gynecological Society of SHIGA

滋賀県栗東市綣一丁目10番7号 医協ビル 滋賀県医師会内

安心と信頼の

産婦人科医療を目指して

新着情報

市民公開講座のご案内

滋賀医科大学 産科学婦人科学講座『第19回 市民公開講座』を令和元年11月10日(日)に開催いたします。

今回のテーマは、『女性が健康で長生きできるために』とし、​滋賀医科大学の先生が、女性に知っておいてほしい内容について講演頂きます。

​参加は無料です。是非ともご来場ください。

【緊急第3報】妊婦さんへ風疹からの緊急避難行動のお願い

風疹の流行が現在も続いております。米国CDC(アメリカ疾病管理予防センター)からは2018年10月22日付で風疹流行につき、予防接種や過去の感染歴がない妊婦の日本への渡航を控えるよう警告が出ています。

現状では特に都会での風疹感染例が目立ちますが、都会と地方との往来は活発であり、20代後半から50代(特に男性例)の大人同士の感染例が目立っております。

一方、女性の罹患例は、全体の20%程度を占めます。そのうち、ワクチン接種既往が明確でない20代以降の女性にも発症例がみられますので、妊娠女性においても、風疹抗体価がHI 16倍以下の場合は、十分に警戒する必要があります。

このような現状から、注意喚起の第3報を出すことといたしました。

市民公開講座のご案内

平成30年11月11日(日)14:00より、草津市立市民交流プラザ(小会議室3)にて、滋賀医科大学産科学婦人科学講座『第18回 市民公開講座 テーマ:若い女性を守る』を開催いたします。
参加費無料ですので、是非ご参加ください。お申し込みはイベント情報ページにてご確認ください。

【緊急第2報】妊婦さんへ風疹からの緊急避難行動のお願い

公益社団法人日本産婦人科医会 会長 木下 勝之
風疹流行が首都圏からさらに周囲へと波及しています。
妊婦さんは緊急行動のご注意を守って行動してください。
緊急行動や注意していただきたいことなどをまとめた詳細資料につきましては、下記よりダウンロードください。

【緊急警告】風疹流行の兆しあり!!

公益社団法人日本産婦人科医会 会長 木下 勝之

風疹流行の兆しが首都圏中心にみられているとの警告が厚生労働省より発出されています。

2013 年の大流行の前兆に類似した状況になっています。
そこで、本会は緊急警告を発します。

詳しい資料につきましては、下記よりダウンロードください。

1 / 2

Please reload

関連リンク
日本産婦人科医医会
安心安全を目指した産婦人科医療を推し進め、母子や女性の健康保持・増進に取り組んでおります。
日本産科婦人科学会
産科および婦人科学の進歩・発展を図りもって人類・社会の福祉に貢献してまいります。
近畿産科婦人科学会
産科学・婦人科学の進歩と発展をめざし、女性の身体と健康を生涯にわたりサポート。
産科医療保障制度
産科医不足や産科医療提供体制の確保を背景に、安心して産科医療を受けられる環境整備のために設立。
日母おぎゃー献金
集められた献金は、心身障害児のための施設や予防の療育等に関する研究を補助するために使われています。
Show More
雪印ビーンスターク株式会社
株式会社 明治